HOME>トピックス>担当者が親切であれば、好印象で早々と売れる可能性あり

損をしない売り方

男女

船橋で不動産売却を考えているなら、売却せざるを得ない状況であるのでしょう。売るときは仲介会社を選ぶのですが、早く売ることが基準にはなりますが、同時に売れ残ったり、安くしたりするなどして損をしない方法で選びましょう。まずは、船橋の時価や将来価格を想定して売却価格を決定しましょう。

地域の価格

女性

不動産売却を船橋で思案するなら、複数の不動産会社と付き合っておきましょう。仲介会社(媒介)は買い手を募る際、不動産サイトを利用するため、売却という情報収集や、仲介会社選び、失敗しない戦略を立てる判断基準も大手の不動産サイトがいいでしょう。ほぼ、網羅されていて、掲載スピードも早いものです。

複数で依頼

船橋での不動産売却では、専任あるいは専属専任という1社に限定すれば、他社が自由に扱えないので、できるならば、複数の会社を考えます。買い手のことを考え、より深い情報源となる修繕履歴、周辺の地盤や土地の履歴などを教えたり、価格交渉に強みのある不動産会社を選びましょう。

担当者との相性

船橋で不動産売却をする判断基準となるのは、今売却しなければならないのか、という点です。今なら、船橋という街の将来性と土地のリスクを知るなど、相性を見極めるだけで損はしないでしょう。また、交渉などは担当者が行うので、買い手は担当者の印象も確認しますから、決定を急がせるなどをしない担当者を選びます。売り主としては、支払い能力があるのか判断できないので、担当者の経験や実績はしっかり確認しましょう。また、金融機関との関わりが深いことも選ぶ上でポイントで、効率よくとなれば、情報収集とお金が売却では重要なのです。

広告募集中